渋谷のピンサロと高級デリヘルをただ単純に比較をしてみましたよ

2015-12-02

ピンクサロンはピンサロとも呼ばれる、風俗営業です。フェラチ温度の性的サービスを行うお店であるものの、風俗営業の区分では性風俗特殊営業ではなく、ホステスクラブやスナックなどと同じく2号営業となります。建前上はドリンクやアルコール類を提供するお店です。

中にはフェラチオのような性的類似サービスのみならず、本番行為を行う店舗もあります。明らかに違法行為なのですが、もともと2号営業でありながら「抜き」を公然と行っているのですから違法。とは言え1960年代からあり、現在の風俗営業法が出来る以前からですので、グレーゾーンの上に成り立っています。

大変リースナブルあことから、衰退する業種でありながら、今で根強い人気があるのも事実です。時おり風営法違反で営業停止処分を受ける店も見かけます。リーズナブルではありますが、建前の飲食店営業のラインは崩せません。シャワーなどを設置することは出来ないのです。

そのため背もたれが高いソファーに座って、照度の低いホール内で局部だけを出してプレイします。昔は水を張った洗面器とおしぼり、そして石鹸を持って女性が接客に当たり、局部を石鹸をつけて洗っておしぼりで拭き、それを大胆に咥えるというサービスでした。

衛生的にはかなり問題がありますし、利用者からは綺麗に石鹸が取れず「肌が荒れる」などとぼやく声も上がっていました。照度を落としていることから、女性も局部を良くチェックすることが出来ず、性病などの問題に悩まされたこともあるでしょう。

お客さんのほうがコンドーム使用を告げると、そのように対応してくれます。しかし女性側は生フェラが基本です。いまでは少々改善されているとは考えられますが、やはり限界はあります。長めのコースがあるようなところでは、ベンチシートで寝転がれるようなスペースを持っていると店舗もあるようですが、個室ではありません。

最大限他のお客さんからは見えない配慮はされていますが、利用者の好き嫌いがはっきり分かれる形態の遊びです。個室に慣れているユーザーに取っては、落ち着かないものでしょう。料金は30分2000円といったものから、40分で1万円を設定しているところまで様々ですが、モーニング割引を持っている店舗が多いようです。

日の出とともに営業開始が可能ですから、早朝は安くして集客するという狙いもあるでしょう。それは渋谷高級デリヘルに限らず性風俗特殊営業では良く見られるサービスです。

渋谷のピンサロと高級デリヘルをただ単純に比較をしてみましたよ

ピンクサロンはピンサロとも呼ばれる、風俗営業です。


Copyright© 2015年12月2日 知られざる渋谷の高級デリヘルの魅力について語るサイト
http://www.aromaterapie.info All Rights Reserved.