結婚をしても止められないという人が多い渋谷の高級デリヘル

2015-12-02

結婚と渋谷高級デリヘルを比べるのもナンセンスな話ではありますが、結婚を「いつでもデキル」ことと直結して考える男性は、案外いるものです。「結婚して嬉しいのはいつでもデキルから」と言ってしまうわけですね。そんなことを耳にすると女性は「なんて失礼な!」と怒るでしょうが、もちろんそれだけで結婚するわけではありません。

ちゃんと一生のパートナーとして愛を誓って結婚しているんでしょう。とは言え、風俗で遊ぶのと嫁さんとするのと、どっちが得なのかと考えてみましょう。結婚する前の男性の、給料から遊びに使えるお金は支払い以外全部ですよね。でも結婚すると殆どの家庭がお小遣い制になります。

しかも既婚男性の平均お小遣いは、3万円以下が全体の半数を超えています。1回の風俗遊びで消えてしまう額ですよね。後はすべて妻に握られているということになるのです。しかも初めのうちは「いつもデキル」と思っていても、一生涯この人とだけなんだろうかと思い始めると、もうガッカリという男性も多いはず。

だんだんと回数も減ってしまいます。といってもセックスに対する想いが淡白になってしまったわけではなく、あくまでも「自分の奥さんに対しての性的な興味が薄れただけ」ですから、外では遊びたかったりするわけです。お小遣いは3万円以下、奥さんとも大してセックスしたくない、だけど不満だと責め立てられるとなれば、もう、「セックスだけのことで言えば、結婚は墓場」かもしれません。

どっちが得かということは言えないのですが、結婚で3万円程度のお小遣いしかなく、それを風俗に当てるのも難しいとなれば、セックスライフに関しては、夢も希望もありませんよね。男性だって「男として、このままで終わっちゃうのかな」と一抹の寂しさを感じるでしょう。

理想的なのは、さんざん遊んだ後、性的な欲求もおさまってきた年齢で、若いお嫁さんをもらうという感じでしょうか。それまでは好きなときに風俗で遊んだり、出会い系で遊んだりしながら、独身を謳歌する。その遊びも飽きてきたあたりで結婚して、子どもを産み、老後に備える。

そういうライフサイクルもいいかもしれません。家族を食べさせてゆくのは、週1で風俗遊びをするよりも、ずっとずっとお金がかかっちゃうというものなのです。そして結婚する前の幸せ感よりも、結婚してからは不満度が増してしまっている傾向にあります。

大変寂しいことですが、現実的にはそのようです。とは言え、結婚にはそれに変えられない幸せもあるのですけどね。

結婚をしても止められないという人が多い渋谷の高級デリヘル

結婚と風俗を比べるのもナンセンスな話ではありますが、結婚を「いつでもデキル」ことと直結して考える男性は、案外いるものです。


Copyright© 2015年12月2日 知られざる渋谷の高級デリヘルの魅力について語るサイト
http://www.aromaterapie.info All Rights Reserved.