Archive for the ‘ブログ’ Category

お客さんとの会話が途切れない渋谷の高級デリヘルの女の子たちについて

2015-12-02

渋谷高級デリヘルはとにかく「抜きたい」「触りたい」「気持ちよくなりたい!」といった目的で行くわけで、お話して癒されたいといった目的が皆無だとはいいませんが、案外二の次です。とにかく目的は「性的な満足」ですから、「何話せばいいのかわからない」などと心配することはいりません。

おしゃべりすぎて失敗することはあっても、無口で失敗することって余り無いですよね。ただいくら無口でも、風俗嬢に話をふられたら、とりあえず応えるぐらいはしましょう。それじゃないとプレイ前なら「陰気くさくて怖い」と思われてしまいますし、プレイ後なら「なにか気に入らなかったのかな?」といらない心配をさせてしまいます。

できれば「口下手でごめんね」とでも言っておくと、「そうなのか」と安心してくれます。風俗嬢も接客業ですから、余程の新人か余程の人見知りかでない限り、コミニュケーション能力はあります。当たり障りの無いことを話しかけてくれますので、それに適当に答えていれば何とかなります。

あとはプレイ中にして欲しいこと、してほしくないことを伝えればいいでしょう。「それ嫌だな」と思うことを我慢する必要はありません。例えばいきなりシックスナインをされてそれが嫌いだったら、そういえばいいわけです。反対にしてほしいことがあれば、お願いするのもOKです。

相手も嫌なことなら断ってきます。ただ口下手な人は断られたらどうしよう!と、それが心配でお願いごとが出来ないなんてこともありますよね。でも風俗嬢はお願いされるのに慣れてます。断ってもしつこく言ってくる人のことは嫌いでしょうが、一度お願いされるぐらいは、嫌でもなんでもないようです。

無口な人よりプレイ中にべらべら話す人のほうが「気をそらしてイカないようにしてるんじゃないかしら」と勘ぐられてしまいます。少々我慢するぐらいはアタリマエなので気にもしないでしょうが、中にはギリギリに時間まで我慢するような人もいます。それは嬢だってキツイでしょう。

べらべら話す人には、そういう人が多いようです。それは嫌われますよね。また自分が快感を得るために言葉攻めをする人もいるのでそれは構わないけど、それに対して過度に反応を求められるとウザッたいようです。総合的に見ると、風俗嬢は無口な人が嫌いではないようです。

ただもし気に入ったサービスであったならば、最後に「ありがとう」といってあげたらどうでしょう。彼女たちもそう言われて嫌な気分はしませんし、かえって嬉しいはずですよ。

渋谷の高級デリヘルの女の子のスペックが高いことを知っておいてほしい

2015-12-02

どの風俗店の形態でも可愛い子はいるものですが、一般的なランク付けはあります。一番プロ意識が高いのは、やはりソープランド。料金的にも一番高いですし、一人の風俗嬢に対して一部屋あてがわれ、その部屋にはお風呂とマットプレイが出来るスペースと、ベッドがあります。

一緒にお風呂に入り、その後マットプレイなどで遊び、その後ベッドでフィニッシュまでをたのしみます。昔は髭剃りまでしてあげていたということですが、今ではそれはないでしょう。脱衣も着衣もソープ嬢がしてくれる渋谷高級デリヘルも少なくありません。要するに「お殿様気分」が味わえるのです。

高い料金をとるのですから、それに見合う女性を揃えています。もちろんソープランドもピンきりですから、料金が高くなればなるほど、女性のスペックは高くなるのです。そのつぎは店舗型のヘルスですが、これはソープ以上にピンきりです。高い店が40分2万円近く取りますが、安い店では6千円程度からあります。

早朝割引などだと3千円台で遊べる店もあるでしょう。安ければ易いほど地雷を踏む確率は高くなります。ただしサービス内容は、あまりかわりません。入店時に講習やテクニックチェックなどがあるケースも多く、その分テクニックもおしなべてそこそこあります。

これがデリヘルになると、素人っぽさがウリになってきます。若い女性が多いのも、デリヘルです。テクニックに関してそこまで店側も徹底姿勢は見せません。スペックに関しては他の風俗店同様に、高いほうが良く、安くなれば地雷原ということになります。

しかし今は店舗数も多く、買い手市場です。安くてサービスが良くて若くて可愛いというのが、当然お客さんにとって有難いのですから、それを目指している店もあるわけです。スペックがいまいちであれば、リーズナブルなのに濃厚なサービスと無料オプションで勝負!なんてことにもなりますよね。

最も安くて手軽な傾向にあるのはピンサロです。これは2号営業ですが、ちゃんと抜いてくれます。手っ取り早く少ない出費で抜きたいという人にはぴったりです。ただし「清潔第一」という人には、向いていない業態かもしれません。また風俗嬢の年齢層が比較的高く、お相手が自分のお母さんより年上だったなんてことも、珍しくありません。

このように性風俗に関するお店も様々です。自分の好みにマッチした遊びが必ず見つかります。「何がぴったりかわからない」という初心者は、色々と回ってみるのも楽しいですよ。

渋谷のピンサロと高級デリヘルをただ単純に比較をしてみましたよ

2015-12-02

ピンクサロンはピンサロとも呼ばれる、風俗営業です。フェラチ温度の性的サービスを行うお店であるものの、風俗営業の区分では性風俗特殊営業ではなく、ホステスクラブやスナックなどと同じく2号営業となります。建前上はドリンクやアルコール類を提供するお店です。

中にはフェラチオのような性的類似サービスのみならず、本番行為を行う店舗もあります。明らかに違法行為なのですが、もともと2号営業でありながら「抜き」を公然と行っているのですから違法。とは言え1960年代からあり、現在の風俗営業法が出来る以前からですので、グレーゾーンの上に成り立っています。

大変リースナブルあことから、衰退する業種でありながら、今で根強い人気があるのも事実です。時おり風営法違反で営業停止処分を受ける店も見かけます。リーズナブルではありますが、建前の飲食店営業のラインは崩せません。シャワーなどを設置することは出来ないのです。

そのため背もたれが高いソファーに座って、照度の低いホール内で局部だけを出してプレイします。昔は水を張った洗面器とおしぼり、そして石鹸を持って女性が接客に当たり、局部を石鹸をつけて洗っておしぼりで拭き、それを大胆に咥えるというサービスでした。

衛生的にはかなり問題がありますし、利用者からは綺麗に石鹸が取れず「肌が荒れる」などとぼやく声も上がっていました。照度を落としていることから、女性も局部を良くチェックすることが出来ず、性病などの問題に悩まされたこともあるでしょう。

お客さんのほうがコンドーム使用を告げると、そのように対応してくれます。しかし女性側は生フェラが基本です。いまでは少々改善されているとは考えられますが、やはり限界はあります。長めのコースがあるようなところでは、ベンチシートで寝転がれるようなスペースを持っていると店舗もあるようですが、個室ではありません。

最大限他のお客さんからは見えない配慮はされていますが、利用者の好き嫌いがはっきり分かれる形態の遊びです。個室に慣れているユーザーに取っては、落ち着かないものでしょう。料金は30分2000円といったものから、40分で1万円を設定しているところまで様々ですが、モーニング割引を持っている店舗が多いようです。

日の出とともに営業開始が可能ですから、早朝は安くして集客するという狙いもあるでしょう。それは渋谷高級デリヘルに限らず性風俗特殊営業では良く見られるサービスです。

結婚をしても止められないという人が多い渋谷の高級デリヘル

2015-12-02

結婚と渋谷高級デリヘルを比べるのもナンセンスな話ではありますが、結婚を「いつでもデキル」ことと直結して考える男性は、案外いるものです。「結婚して嬉しいのはいつでもデキルから」と言ってしまうわけですね。そんなことを耳にすると女性は「なんて失礼な!」と怒るでしょうが、もちろんそれだけで結婚するわけではありません。

ちゃんと一生のパートナーとして愛を誓って結婚しているんでしょう。とは言え、風俗で遊ぶのと嫁さんとするのと、どっちが得なのかと考えてみましょう。結婚する前の男性の、給料から遊びに使えるお金は支払い以外全部ですよね。でも結婚すると殆どの家庭がお小遣い制になります。

しかも既婚男性の平均お小遣いは、3万円以下が全体の半数を超えています。1回の風俗遊びで消えてしまう額ですよね。後はすべて妻に握られているということになるのです。しかも初めのうちは「いつもデキル」と思っていても、一生涯この人とだけなんだろうかと思い始めると、もうガッカリという男性も多いはず。

だんだんと回数も減ってしまいます。といってもセックスに対する想いが淡白になってしまったわけではなく、あくまでも「自分の奥さんに対しての性的な興味が薄れただけ」ですから、外では遊びたかったりするわけです。お小遣いは3万円以下、奥さんとも大してセックスしたくない、だけど不満だと責め立てられるとなれば、もう、「セックスだけのことで言えば、結婚は墓場」かもしれません。

どっちが得かということは言えないのですが、結婚で3万円程度のお小遣いしかなく、それを風俗に当てるのも難しいとなれば、セックスライフに関しては、夢も希望もありませんよね。男性だって「男として、このままで終わっちゃうのかな」と一抹の寂しさを感じるでしょう。

理想的なのは、さんざん遊んだ後、性的な欲求もおさまってきた年齢で、若いお嫁さんをもらうという感じでしょうか。それまでは好きなときに風俗で遊んだり、出会い系で遊んだりしながら、独身を謳歌する。その遊びも飽きてきたあたりで結婚して、子どもを産み、老後に備える。

そういうライフサイクルもいいかもしれません。家族を食べさせてゆくのは、週1で風俗遊びをするよりも、ずっとずっとお金がかかっちゃうというものなのです。そして結婚する前の幸せ感よりも、結婚してからは不満度が増してしまっている傾向にあります。

大変寂しいことですが、現実的にはそのようです。とは言え、結婚にはそれに変えられない幸せもあるのですけどね。

結婚をしても止められないという人が多い渋谷の高級デリヘル

結婚と風俗を比べるのもナンセンスな話ではありますが、結婚を「いつでもデキル」ことと直結して考える男性は、案外いるものです。


Copyright© 2015年12月2日 知られざる渋谷の高級デリヘルの魅力について語るサイト
http://www.aromaterapie.info All Rights Reserved.